カテゴリー「ENGLISH」の3件の記事

2009-03-20

Bath in Bath

Please scroll down for English version.

前回のエントリーの続き。

金曜日は、5つめのモジュールの試験。今回は、環境政策も環境経済学もリーダー(予習用の論文や本)をベースにした問がいくつかあって、難しかった。試験は持ち込み可なのでリーダーを広げて該当箇所を読むのだが、試験時間が限られているため、内容をある程度覚えていないと試験中に読んだ上で自分の考えを書くというのはかなり厳しい。結局すべての解答欄をとりあえず埋める程度で終わってしまった。

いずれにせよ試験は終わったので、あれこれ考えることなくイギリス・バースに行って、Pre-sessionalのクラスメイトたちと久しぶりに再会。みんな大変そうだった。

次の日は、ローマ風呂のあるバースならではのスパ(温泉)に行く。昨年の夏には行けなかったので、今回の楽しみの1つ。週末は混むと聞いたので、午前中に行くと既に行列ができていた。2時間で22ポンド(約2500円)とかなり高い。その分、施設は清潔感がある。水着着用で、バスタオル、スリッパ、バスローブの貸出しは有料。

Bath_thermae_spa

Thermae Bath Spa → http://www.thermaebathspa.com/
イギリスで唯一の天然温泉とのこと。

室内風呂、屋上の展望風呂、スチーム風呂の3種類しかないので、2時間あれば十分である。客はほとんどイギリス人で、久しぶりにネイティブのブリティッシュ・イングリッシュだらけの環境の中、発泡スチロールの浮きに身を任せてぷかぷかしていた。お湯がぬるいので、特に屋上では(私も含め)みんな震えながらスパを移動していた。昼近くになると客が増えてきて、屋上は日本のプールのように人があふれていた。ハーフマラソン前日だったので、膝が良くなるようにと念じながらマッサージなどをしてみたのだが、本当にこれが効いたとは、、ちょっと信じがたいかも。

その後、下見を兼ねて、ゼッケンとタイム計測用のチップを取りにRunners Villageに行く。本来事前に送られて来るはずだったが届かなかったので、現地で受け取ることに。(ちなみに、このゼッケンはようやく今日届いていた。住所を見ると、国はもちろん、市の名前すら書いていない。きっとイギリス国内のどこかで止まっていたのだろう。)

Bath_pulteney_bridge
Pluteney Bridge

日曜日は早めに起きて、近くをゆっくり散歩したり、少しだけ軽く走ったり、柔軟体操をする。膝を中心に足にクリームを塗って、準備を整えて会場へ。その後の話は前回書いたとおり、ハーフマラソンは無事完走。

問題はその後で、実はスタートから2時間40分後の電車に乗らないと帰りの飛行機に間に合わないことになっていたので、ゴール後の渋滞や着替えを考えるとぎりぎりの予定だった。そこにスタートが30分遅れ…crying 時間差スタートなので、予定タイムが遅い人は後ろからのスタートになり、スタートラインをまたいだのは更に10分後。

つまり2時間以内に完走した上で駅(通常時なら歩いて10分強)まで行くという、私にとってはほぼ無理な条件だったので、当初は2周コースを1周だけしてリタイヤしようと思ったのだが、予想に反して調子が良かったのでそのまま2周目に入ってしまったのである。

結局、感動のゴールも余韻に浸ることなく、大混雑をかき分けるようにgoody bag(完走者に配られるお土産袋)をもらって、荷物を引き取り、当然着替える間もなく駅に向かう。歩きながら電車に間に合わないのは分かっていたのだが、思考能力が低下していたので、とにかく駅についてからタクシーに乗るか考えようと思っていた。

駅に着いたのは出発予定の5分後だったのだが、時刻表のテレビモニターを見ると、一番上に10分遅れの電車が残っている!そこに、友人登場shine その電車がブリストルに行くか確認してもらっている間に切符を買い、別れを惜しむ間もなく(ごめんなさいthink )、再び走って電車に飛び乗る。間に合った。。

ゴール後にもらったスポーツドリンクやgoody bagに入っていた飲み物をすべて飲み干したのだが、goody bagに入っていたジャムが100ml以上ということで空港で没収されてしまった。それ以外は何も言うことの無い、充実した週末だった。

--- Enligsh version ---

More than half a year has past since I wrote in English last time. Well, I tried several times to write something in English, but I didn't have enough time and motivation.. I decide to write in English after a long time because I visited Bath last week where I undertook a pre-sessional programme last summer.

The main purposes of this trip were to meet my classmates of the pre-sessional and other friends there and to run the Bath Half Marathon, which was "one of the longest established and most popular city centre road races in the UK." [the race programme]

On Friday I finished the exam of the current master programme in the afternoon. Although it was difficult for me and the result was not satisfactory I didn't have a time to be disappointed with it since I had to go to the airport immediately after the exam was finished. On that night I spent with our old friends at pubs reminiscing of the days when I was in Bath and talking about the present situation including the current masters programmes each other. I admired their diligences because they seemed to have managed more classes and assignments than me..

On Saturday I went to Thermae Bath Spa where I had no chance to visit when I was a student in Bath last year. Bath is well-known for the Roman baths which are main components of UNESCO World Heritage as well as Royal Crescent and The Circus, and therefore I wanted to experience this thermal spa which is the only natural one in Britain. The entrance fee was a bit expensive - 22 pounds for two hours, but the facilities were well kept clean and I was relaxed both my mind and body.

Bath_royal_crescent
Royal Crescent

Then, Sunday had come. I got up early in the morning and walked around and exercised to wake my body up. It was really a sunny and warm day, but I had a serious ache on the side of my knee. That made me feel uneasy about whether I could finish running a half marathon. However, thanks to the warmhearted spectator along the course I could run pleasantly and finish running successfully within around 1h52. I was satisfied with the result as I didn't do enough training before the race due to an ache.

Bathhalf4
Queen Square, just before the half marathon

The real battle against time was waiting for me after finishing the half marathon. I had to arrive at Bath Spa station 2h40 after the half marathon started and this was not very enough time to spare for me. However, for unknown reason the gun start was late for half an hour and I stepped on the start line ten more minutes later. Actually, I thought to drop out in the middle of race several times during the race, but I kept running and finished ten or fifteen minutes before the train was to be left. Even though I understood it would be difficult to be in time for a train, I got a goody bag and collected my luggage pushing my way to the station. As I expected I was late several minutes for the scheduled time, but I was unbelievably lucky because the train was arrived at the station with ten minutes late. Therefore, I caught the train and was able to catch the scheduled flight consequently.

It was really a full weekend in Bath, though there are still muscle pains in my legs...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008-08-30

Master Programme is going to start!

Scroll down for English version.

この2週間は授業開始までの準備期間になっており、私のプログラムでは今週から事前授業が始まりました。先週は学生ネットワークのイベントなどで街中を散策しましたが、いまだに自転車で行くと迷います。飾り窓地帯も見学しましたが、写真は撮れないので代わりに面白い通りを載せておきます。

Narrowstreet_3 「人が通れます」という標識がないと分からないくらい細い道です。これでも立派な「道」で、トンネルみたいになっています。くれぐれもスリにはご注意を。

事前授業の内容は、滞在許可や住民登録手続に始まり、評価(成績)方法、試験方法、リーディング・プレゼン・論文の進め方、文献検索、プロジェクト(修論)の進め方、といった大学院の授業を進めるために必要な基礎的なものです。イギリスで勉強したことも多いですが、いきなり本格的な授業に入るよりも心の準備ができるという点で良い仕組みだと思います。

今年のプログラムの学生は55名程度で、半分がオランダ人、30%が他のヨーロッパ人、残りの20%がヨーロッパ以外という構成になっています。ヨーロッパは、ギリシャ、ブルガリア、ポーランド、ベルギー、ドイツ、フランス、イギリス、ベラルーシ、その他としては、アメリカ、コロンビア、チリ、フィリピン、インドネシア、ブータン、スリナムという構成です。東アジア人は私1人で、全部で17カ国だと思います。専門は、工学・生物学・経済学・地球科学・環境科学・政治科学といったところがメジャーで、その他はばらばらです。平均年齢は、おそらく25-27歳かと思います。特にオランダ人が大学卒業したばかりの人が多いですね。

これだけ国際色が豊かでも、英語を使うのに難があるというのは私を含めて2,3人だと思われます。教員は、分かりやすくゆっくりとした英語で話してくれるので、言っていることはまあまあ分かりますが、普通に学生と話していると毎回のように聞き返していますcoldsweats01

来週からどうなるか、期待と不安がありますが、当面は基本的に毎日1コマ(2~3時間)程度の講義が続くことになります。生活面では、日本食スーパーを見つけ、生活の立上げもぼちぼち整い、日本人コミュニティにも参加したりしています。しばらく更新がなければ、勉強に必死になっているのだと思います。

--- Enligsh version ---

CanalviewThe past two weeks was the introduction weeks in our University. Our master programme provided us the introduction programme. In last week, I attended some activities prepared by the international student network and walked around the city centre of Amsterdam. The picture is a view of the canal on a sunny day. You can find plenty of bikes on the bridge.

The introduction programme contains the procedure for residence permit and registration of municipality, evaluation and grading, examination, critical reading, presentation, writing a paper, literature search and research project, which are the fundamentals to pursue the master programme. These programmes are helpful and warm-up opportunities for the coming programmes.

There are approximately 55 students from 17 countries in the master programme 2008-09; half of them are Dutch, 30% are from other European countries but the Netherlands, 20% are from non-European countries. The countries are: The Netherlands, Greece, Bulgaria, Poland, Belgium, Germany, France, UK, Belarus, US, Columbia, Chile, Philippines, Indonesia, Butane, Suriname and Japan. I'm the only student from East Asia. Their backgrounds are various e.g. engineering, biology, economics, earth science, environmental science, political science. The average age are supposed to be 25-27.

Regardless of the internationality, only few students including me have difficulty in English. I can almost understand what the lecturers talking since they speak clearly and rather slowly, but often can't hear what the students taking.

From next week, there will be basically one lecture (two to three hours) a day. I'll be busy for preparing the lectures. See you next time!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008-08-21

Life in Amsterdam

You can read this blog in English; please scroll down.

アムステルダムに到着してからもう4日が経ちました。まだ全く慣れていません。アムステルダムの南のはずれ、アムステルフェーンというところに住んでいます。周りにはあまり店はなく、緑と運河と家ばかりです。 

トラムに乗って中心街に行くと平日なのに人だらけで、やはり都会なんだなあと実感します。当初はもう少し英語が多いことを期待したのですが、基本的にオランダ語だけで書かれています。プリペイド式の携帯電話を買ったのですが、パンフレットも音声ガイダンスもすべてオランダ語で、さっぱり要領を得ません。幸い、英語が分からないという人には会ったことがありませんが。

Frommyroom

さて、写真は寮からの眺めです。この景色を見ながら1年間勉強することになります。この一帯に住んでいるのは、ほとんどが大学生です。アムステルダムには、アムステルダム大学とアムステルダム自由大学の2つがあります。

私の住んでいるフロアには、10人くらいが住むことになりそうです。まだ全部は埋まっていませんが、ヨーロッパとアフリカの学生が多いです。10人でキッチン・シャワー・トイレを共同利用することになります。部屋は個室ですが狭いです。寮はとにかくボロいです。まあ家賃は安いのでこんなものかなと思っています。

---英語の勉強のためにも、たまには英語でも書いてみることにしました。

Four days had passed since I arrived in Amsterdam. I live in Amstelveen, south of Amsterdam. There are few shops and are surrounded by greenery, water (canal) and houses.

CentraalstationWhen I visit the city centre by a tram, I feel that Amsterdam is really an urban city because it's very crowded even in weekdays. Actually, I expected more English could be seen, however, all of the written language is basically only Dutch! Therefore, I can't hardly understand... Fortunately, I've never seen a people who can't speak English, though.

The first picture is a view from my accommodation. Most of the residents of these apartments are university students. There are two universities in Amsterdam; Universiteit van Amsterdam (UvA) and Vrije Universiteit Amsterdam (VU).

In my floor approximately ten students will live together. So far most of them are from Europe and Africa. We share the kitchen, shower rooms and toilets which are old and a bit messy. My room is very small private one. however, it would be acceptable since the accommodation fee is cheap!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ENGLISH | パリ | ランニング | 大学 | 旅行 | 日常生活 | 環境 | 英国 | 豚@バース | 雑学