« 2010年5月 | トップページ

2010年6月の3件の記事

2010-06-26

ワールドカップ応援グッズ

オランダと日本が決勝トーナメント進出を決めたが、我が家にはテレビがないし、旅行が続いていたので個人的にはあまり盛り上がらず。

オランダのワールドカップ熱は相当なもので、町中どこもオレンジ色になっている気がする。

たとえば、我が家の学生寮。主に留学生向けのアパートのはずなのにオレンジとライオンの旗が部屋をまたいで延々と掛けられている。

Vlaggen

こちらは、レーワルデンのカフェ。普段はスポーツカフェではないのだが、完全にワールドカップ仕様になっている。

Wkcafe

今回紹介するのは、オランダのスーパーなどで売っている、ハイネケンの応援パック。

Pletterpet1

€10ちょっとで買えるこの箱の中身はこんな感じ。プラスチックのヘルメットとブブセラ、そしてハイネケンの6パック。

Pletterpet2

南アフリカでは、マカラバmakaraba(マカラパmakarapa)という装飾したヘルメットをかぶってスポーツ(特にサッカー)を応援するらしく、このグッズもそれを模したもので、pletterpet(アフリカーンスでヘルメットという意味)と呼んでいる。

Pletterpet3

組み立て後。このpletterpetは、ブブセラをヘルメットに搭載することができて、吹くと頭の上のライオンの口からあの騒音が出てくる仕組みになっている。

このヘルメットに限らず、町中でブブセラを鳴らしている若者がよくいるが、周りは(私も)かなり迷惑そう。    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010-06-16

ようやく修論提出!

先週の話ですが、提出しました。

とにかく、最後の2週間くらいはしんどかった。。開館から閉館まで大学図書館にこもる日々からついに解放。指導教官から内容について了解をもらったのだが、ついでにゼミで発表したらどうかと金曜日に言われ、そのゼミは翌火曜日。

ありがたい機会なので、もちろん発表させてもらうことにする。日曜日はマラソンだったので、月曜日に修論の最終チェックをしながら、プレゼン資料作成。ゼミは指導教官とPhDの学生が10名弱。毎週やっているらしいが、ネタ切れだったので呼んでもらえた模様。インフォーマルだったので、和やかな雰囲気だったし、アドバイスをもらうこともできた。

ゼミ後に指導教官と細かい点を確認するためのミーティング。廊下で会ったSecond assessor(副査)が、今日中に読みたいので最終版でなくてもよいからとりあえず提出してほしいとのこと。取り急ぎの部分だけ修正作業をしていると、ネイティブチェックが戻ってきたので、それも反映して、暫定版を提出。一段落してから、統計を見直したり、細かい修正をしたりして、最終版を大学に提出。

事前に計画した予定どおりに終わらせることができたのだが、計画そのものが既にギリギリの日程だったので、間に合わせないわけにはいかなかった。

残すは、指導教官から評価結果をもらって、最後に修了証書にサインするだけ。その合間にオランダでやり残したことを終わらせないと。

新ニシンが並んでいた。市場に行く機会が無かったのだが、スーパーの店頭でさばいていたので、買ってみる。やはりパンにはさんで食べないとちょっと生臭い。

Nieuweharing

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010-06-07

レーワルデンマラソン

ロッテルダムに続き、2回目のマラソンはフローニンゲンの西にあるレーワルデン。

ここ2週間程度はとにかく修論漬けで、その合間に夜はジョグという生活。土曜日中にネイティブチェックに出したかったので、夜中の1時に終わらせて、ベッドに滑り込む。

この日のためにGPS搭載の腕時計Garminを買ったのだが、当日の朝に持って行こうとしたら、フリーズしていた。時間もないので、とりあえず持っていくことに。

数日前の天気予報では25度近くになると言われていたが、おそらく20度程度だったので、日差しは強かったが、そこまで悪くはなかった。(もちろん、暑いことは暑い。)

毎度の週末工事のために、少し前の駅で電車を降りて代替バスでLeeuwarden駅に行き、そこから会場まで歩く。ゼッケンを引き取ったり、更衣所(地下駐車場)を探したりしているうちに、スタートの時間が近づく。Garminはほぼ諦めていたのだが、最後に2つのボタンを長押ししたらリセットされて、無事使えるようになった。

Leeuwardenmarathon1

前回の初マラソンが3:55台だったので、今回は3:40-3:45を目標タイムに設定。序盤はキロ5分~5分10秒のペースで順調に飛ばす。エイドが3kmごと(or 5kmに2回)くらいにあったのがとても助かったし、沿道の応援もとても暖かかった。

コースはハーフを2周することになっていて、1周目は1:47台と理想的。2周目に入るときに誘導ミスに遭ってしまい、応援や10kmランのランナーたちに埋もれる。。

このペースではバテることは分かっていたのだが、30kmの手前くらいまでは何とか持ちこたえる。その後は、ロッテルダム同様にずるずるとペースが落ちて、最後の5kmくらいは本当に辛かった。結局、タイムは3:42台だったので、とりあえずは目標達成shine

ゴール直後に座ったら動く気力が無くなってしまう。そのまま救護所へ連れて行かれて、ベッドの上で酸素をもらいながらしばらく休憩。大したことはないと思っていたのだが、その後も酸欠なのか、まともに歩くこともしんどかったので、水分を補給しながら芝生でぐったり。

何とか回復して、応援に来てくださった方にもぎりぎり挨拶ができた。その後、友達の友達の実家(会場のすぐ近く)での食事会に呼んでもらっていたので、シャワーもお借りして、食事もごちそうになり、Groningenまで車で送ってもらった。すごくきれいで立派な家だったし、子供もかわいかった。

お腹いっぱいごちそうになったはずなのに、帰ったら自然とご飯を作り出していた。。やはり2,500kcal以上も一度に消費してしまうと、一回の食事だけではお腹が空いてしまうのだろうか。

次の目標は3:30になるわけだが、キロ5分で42kmは今の実力では無理なので、日本に帰ってからもジョグを続けていかないと。

Leeuwardenmarathon2

ピサの斜塔よりも傾いている、De Oldenhoveという塔。教会として建設されたらしいが地盤沈下のために途中で断念したらしい。結局、Leeuwardenは全く観光せず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ