« アムステルダムのレストラン2軒 | トップページ | エルミタージュ・アムステルダム美術館 »

2010-03-31

Het is eindelijk lente!

今日のタイトルは、「ついに春が来た!」(遅ればせながら)

日が短く、寒い冬が終わった。どうやらここオランダでは「正式には」3月20日の夕方で春を迎えたらしい。3月の中ごろから暖かい日が続き、気づいたら冬はどこかに行ってしまった。冬は寒くて夏は暑いわが家も、私が大学から帰ってくると日光を浴びて暖かくなっている。

フローニンゲン大学では、2学期を前半・後半に分けていて、現在は2学期の前半が終わり、試験シーズンとなっている。一昨日は修士論文研究計画の発表、昨日は修士課程最後の試験が無事終わり、ようやく大学行事はほとんど終わった。

冬の間は誰もいなかった大学本部の入口の階段には、いつの間にかまた学生がたまりだしている。

Lenteagebouw

大学本部の向かいにある中央図書館は、試験期間には土日も開放される。閉館の夜の22時まで粘っている学生も結構多い。まあ、私も試験直前にここで追い込みをしていた一人なのだが。

3月28日の早朝にサマータイムが始まり、時計の針を1時間進める。どんどん日が長くなっていく中、今週から日中が更に1時間長くなることになる。ついこの間までは18時くらいには真っ暗になっていたはずなのに、今では20時くらいに夜になる。

Zomertijdklok
昨年の秋にIKEAで買った電波時計。日曜日に見ると、電波を受信したアンテナマークの隣に太陽がある。そんな機能があるとは知らなかった。

また、この日曜日はkoopzondag、つまり買い物の日曜日だった。普段は日曜日は原則として営業できないことになっているが、この日は営業することが可能。フローニンゲンでは年間12日(平均毎月1回)となっているが、以前書いたフローニンゲンの市議会選挙では、このkoopzondagenを増やすべきかというのも論点の1つとなっていた。

町の中心部に行ってみると、通常は火・金・土しか開かない市場が日曜日に開いていた。食料品を主に扱っているVismarkt(魚市場という意味の広場)では、この日は食料品はほとんどなく、雑貨や古本などが並ぶ蚤の市のようになっていて、いつもと違う光景。

Lentemarkt

そんなことを書いていると、昨日は夕方に雨が降り、肌寒い日だった。相変わらずオランダらしい気候である。

|

« アムステルダムのレストラン2軒 | トップページ | エルミタージュ・アムステルダム美術館 »

大学」カテゴリの記事

日常生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080278/34021735

この記事へのトラックバック一覧です: Het is eindelijk lente!:

« アムステルダムのレストラン2軒 | トップページ | エルミタージュ・アムステルダム美術館 »