« Blog Action Day: Climate Change and Consumer Behaviour | トップページ | 今年もサマータイムが終わった。 »

2009-10-21

アムステルダム・マラソン、そして試験

日曜日、アムステルダム・マラソンに行ってきた。といっても、今回は応援のみ。

アムステルダム・マラソンは事前申込制となっていて、翌日の月曜日に試験があることが分かっていたので、今年はエントリーをしなかった。今回の試験期間では試験は1つだけだったので、週末をずっと勉強に充てなくても何とかなりそうなことが分かり、アムステルダムに行くことにした。

ゴールのオリンピックスタジアムの少し手前にあるフォンデルパークVondelparkで応援。マラソンを沿道で応援するのは初めて。当日は快晴で、気温もそれほど高くないのでマラソン日和。今思えば、ハーフマラソンにエントリーしておけばよかった。。

40km地点付近で待っていると、ちょうど2時間くらいで先頭のランナーが通過。ケニア人のGilbert Yegonという初マラソンの選手で、結局そのまま2.06.18のコースレコードで優勝した。

Adammarathon1

2,3位もケニアの選手。上位10人は、全員ケニア・エチオピア勢だった。

Adammarathon2

その後も女子の選手や、一般ランナーを拍手で応援。知り合いの日本人も数名見つけることができた。昨年出場したハーフマラソンのときは、Vondelparkでかなり声援を受けた記憶があるのだが、実際に応援している人は意外とまばらだった。

Adammarathon3

その後、試験勉強を終わらせて、日本人ランナーの飲み会に合流。といっても30分ほどで終電になってしまい、そのままGroningenに帰宅。走っている姿を見て、再びマラソン熱が上昇中spa

翌日の試験は、18:30-20:30というかなり遅い時間。フローニンゲン大学では、通常試験はexamenhalという体育館のような試験専用の巨大な会場で実施される。複数の試験が同時に実施されるので、自分の受験する科目のエリアを見つけて着席する。

18:30ちょうどに会場に入ると既に問題用紙と解答用紙が並べられていて、解き始めている学生もいる。結構適当な感じ。。日本人の得意な持込み不可closed-book examだったので、がんばって覚えれば何とかなる。最初の試験ということで緊張したが、落とすことはないだろうと思う。ちなみに、今回落とすと、学期末(年明け)の追試期間に試験がある。つまり、前期の科目を落とさなければ、この期間は春休み(冬休み?)になる。

Vondelparkでのかわいい1シーン。

Adammarathon4

|

« Blog Action Day: Climate Change and Consumer Behaviour | トップページ | 今年もサマータイムが終わった。 »

ランニング」カテゴリの記事

大学」カテゴリの記事

コメント

応援ありがとねー あの時はすでに撃沈後で気力もなく、とにかくゴールを目指してフラフラ走ってました。応援で一気に元気が出ましたよ。

投稿: toru | 2009-10-24 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080278/31878573

この記事へのトラックバック一覧です: アムステルダム・マラソン、そして試験:

« Blog Action Day: Climate Change and Consumer Behaviour | トップページ | 今年もサマータイムが終わった。 »