« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の6件の記事

2009-10-29

今年もサマータイムが終わった。

試験が終わり、もう1つの授業の課題であるエッセイを書く日々。それにしても、社会科学系のエッセイを英語で書くのはしんどい。やっとの思いで昨夜書き上げたのだが、あまりの英語の稚拙さにがっかりする。

日曜日には、朝2時台が繰り返されて、サマータイムが終わった。翌日、街中の時計を見ていると、教会も大学も、商店もほとんど正しい時間(=冬時間)に戻されていた。唯一、夏時間を刻んでいたのは、Vismarktに面したAa教会。

Aakerk 

まあ、写真を載せても伝わらないのですが。

そんなわけで、オランダはすっかり秋になってきた。それでもまだ太陽がのぞく日があるのが救いである。駅前の運河の脇に転がる自転車たち。

Herfstdag

幸いぎりぎりのところで止まっている。風で吹き飛ばされたのか、誰かがいたずらでやったのか。これを一人で取りに行くのはちょっと怖い。

家でパーティをやったこともあり、スープができそうな材料が結構揃っていたので、Groninger Mosterdを使ってマスタードスープを作ることにした。ウェブでオランダ語のレシピをいくつか見つけたが、どれも作り方(入れる順番)が違う。

Mosterdsoep

意外と面倒だったけど、学食で食べるスープよりはおいしかった気がする。

銀行口座の明細を見ていると、鉄道パスの料金が二重に引き落とされていることに気づく。窓口で更新したのに、それとは別に自動更新(引き落とし)されていたらしい。1年前の申込時に自動更新を申し込んだ覚えはないのだが、、恐るべしNS。駅の窓口からコールセンターに電話してもらい、後日振り込まれることになったが、怪しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-10-21

アムステルダム・マラソン、そして試験

日曜日、アムステルダム・マラソンに行ってきた。といっても、今回は応援のみ。

アムステルダム・マラソンは事前申込制となっていて、翌日の月曜日に試験があることが分かっていたので、今年はエントリーをしなかった。今回の試験期間では試験は1つだけだったので、週末をずっと勉強に充てなくても何とかなりそうなことが分かり、アムステルダムに行くことにした。

ゴールのオリンピックスタジアムの少し手前にあるフォンデルパークVondelparkで応援。マラソンを沿道で応援するのは初めて。当日は快晴で、気温もそれほど高くないのでマラソン日和。今思えば、ハーフマラソンにエントリーしておけばよかった。。

40km地点付近で待っていると、ちょうど2時間くらいで先頭のランナーが通過。ケニア人のGilbert Yegonという初マラソンの選手で、結局そのまま2.06.18のコースレコードで優勝した。

Adammarathon1

2,3位もケニアの選手。上位10人は、全員ケニア・エチオピア勢だった。

Adammarathon2

その後も女子の選手や、一般ランナーを拍手で応援。知り合いの日本人も数名見つけることができた。昨年出場したハーフマラソンのときは、Vondelparkでかなり声援を受けた記憶があるのだが、実際に応援している人は意外とまばらだった。

Adammarathon3

その後、試験勉強を終わらせて、日本人ランナーの飲み会に合流。といっても30分ほどで終電になってしまい、そのままGroningenに帰宅。走っている姿を見て、再びマラソン熱が上昇中spa

翌日の試験は、18:30-20:30というかなり遅い時間。フローニンゲン大学では、通常試験はexamenhalという体育館のような試験専用の巨大な会場で実施される。複数の試験が同時に実施されるので、自分の受験する科目のエリアを見つけて着席する。

18:30ちょうどに会場に入ると既に問題用紙と解答用紙が並べられていて、解き始めている学生もいる。結構適当な感じ。。日本人の得意な持込み不可closed-book examだったので、がんばって覚えれば何とかなる。最初の試験ということで緊張したが、落とすことはないだろうと思う。ちなみに、今回落とすと、学期末(年明け)の追試期間に試験がある。つまり、前期の科目を落とさなければ、この期間は春休み(冬休み?)になる。

Vondelparkでのかわいい1シーン。

Adammarathon4

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009-10-15

Blog Action Day: Climate Change and Consumer Behaviour

先日書いたとおり、今日は Blog Action Day です。テーマはclimate change。

環境の勉強をしてきたのだから、少しはまともなことを書きたいところだが、あまり立派なことは書けそうにない。

Bad09先週、部屋の電球が切れたのだが、続けざまに今週はキッチンの電球が切れたflair

ということで、今日は何となく考えていること-消費者行動について。

京都議定書における日本の温室効果ガスの削減目標は基準年(1990年、ただし3ガスは1995年)比で、約束期間(2008-2012年)にマイナス6%を達成することである。しかし、よく知られているとおり、2007年度時点で基準年の排出量のプラス9%になっている。

総排出量の9割近くを占めるエネルギー起源CO2の内訳を見てみると、産業部門は基準年比で微減しているのに対し、運輸・業務・家庭部門が増加している。とりわけ、業務部門と家庭部門は基準年比で40%を超えるCO2が排出されている。

基準年からの人口増加はせいぜい3%程度なので、家庭での1人当たりのエネルギー消費がいかに増加しているかが分かる。主な原因は、世帯数の増加や電気電子機器の普及などが考えられるが、温暖化対策のために1人暮らしを制限したり、IT機器の保有台数や使用時間を制限するのは到底無理である。

そうなると、家庭部門のエネルギー消費を抑制するためには、使用機器の省エネ化を進めるのが現実的かつ有効な手段の1つとなる。電球が正にそれである。現在、家庭用照明に使われている白熱電球の電球型蛍光灯への移行が世界中で進んでいて、日本でも業界が自主的に事実上の生産中止に向けて進み始めている。

さて、電球が切れた私は、スーパーマーケットの電球売場を物色する。メーカーに関しては、フィリップス製(オランダですから)のものがほとんどで、一番下の棚に知らないメーカー製のものがある。それぞれ、白熱電球と電球型蛍光灯があり、フィリップス製は消費電力を30%程度抑えた白熱電球もある。

電球型蛍光灯の特徴は、寿命が長く(例えば約6倍)、消費電力が少ない(例えば約1/5)だが、値段が高い。EUではエネルギー消費をA(省エネ)からGまでカテゴリー分けしてラベリングすることとされていて、白熱電球は下から3番目のE、蛍光灯は最上ランクのAである。その代わり、蛍光灯はかなり値段が高い。この他に、蛍光灯よりも更に寿命が長く、消費電力が少ないLED電球も市販され始めているようだが、現時点ではスーパーでは売れない程の高級品である。

ということで、一般的な選択肢は以下のとおりとなる。色合いが異なる白熱電球なども販売されていたが、ここでは普通の電球を購入することを想定する。

1.フィリップス社 白熱電球 0.70ユーロ E
2.〃 省エネタイプ白熱電球 2ユーロ C
3.〃 電球型蛍光灯 6ユーロ A

4.某社 白熱電球 0.40ユーロ E
5.〃 電球型蛍光灯 2ユーロ A

ここで、消費者はどれを選ぶのだろうか。

私は5番だった。3番と言いたいところだが、6ユーロは私(学生)の感覚ではまだ高すぎる。4番の10倍以上もする。メーカーによって性能に違いがあるかもしれないが、同じ2ユーロを払うのであれば、2番よりも消費電力の少ない5番を選んだというわけである。

私のアパートに住む他の学生はどうだろうか。おそらく、経済的な理由から4番が多いだろう。学生は経済的に厳しいということだけではなく、彼らは1年前後しか滞在しないため、長寿命製品に対するインセンティブが低い。また、水光熱費は家賃に含まれているので、消費電力についてもインセンティブが働かない。自らの利益を優先する利己的egoistic思考のみが行動に反映されると、経済性に優れた4番(電球の機能性によっては異なる回答になる可能性もある)が選択される。

では、蛍光灯を選択する動機付けは何だろうか。利己的な価値指向に対して、気候変動に脆弱な生態系や人間に配慮する(べき)という、生物(地球)保全的biospheric、利他的altruisticの2つの価値指向があると考えられている。こうした価値指向は、環境問題に対する信念や意思と密接に結び付き、実際の行動(この場合は、商品の選択)に影響する。

蛍光灯がより選択されるようにするためには、当然ながら、白熱電球との経済的な乖離を小さくすることが必要である。これにより、利己的指向に比べて利他的・生物保全的指向が大きくなる消費者が増え、それが行動に反映されることが期待できる。しかし、この電球の選択に限らない、長期的な行動の(環境配慮型への)転換を進めるためには、指向そのものが変わることが効果的である。

ということで、この電球問題には大した結論を用意していないのだが、この1年間はこうした環境の価値観に関する心理学的なアプローチを研究したいと考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-10-14

10月限定鉄道割引パス

以前、オランダの鉄道料金という記事で書いたとおり、年間55ユーロでオランダ国内の鉄道が平日朝を除いて40%引きになる割引パス(voordeelurenabonnement)を購入することができる。

昨年購入したパスが1年経ったので、継続するために窓口に申し込みに行くと、10月限定で3ヶ月間の割引パスが販売されていた。値段は15ユーロ。一日券や遠距離の往復が通常料金44ユーロなので、これを1回購入するだけで元を取ることができる。短期滞在者にもお得である。

1年パスは顔写真付きのカードが発行されるが、3ヶ月パスはおそらく写真不要。ただし、住所や電話番号などの個人情報の記入が必要となる。(そのため、数日程度の旅行者が購入できるかは分からない。ホテルの住所でも書いておけばよい気もするが。)

インターネットでも申込みが可能。
http://www.ns.nl/driemaandsvoordeel

オンラインショップにリンクされているので、actie code 2934E を半角で入力すると、購入の画面に進む。デビットカード・クレジットカードで決済すると、送料無料で自宅に郵送される。住所はヨーロッパ域内から選べるようになっているが、日本に郵送するのは無理だろう。
http://shop.zetes.be/PromoInputPage.aspx

これは10月31日までの期間限定キャンペーンなので、私は再び1年パスを購入した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-10-13

あさっては「気候変動」についてのブログを書こう

10月15日はBlog Action Dayだそうです。

この運動は、2007年から始まって、今回が3回目。毎回1つのテーマを決めて、賛同するブロガーが10月15日にそのテーマに関する記事をそれぞれのブログに投稿するというもの。

最初のテーマは環境environment、昨年は貧困poverty、そして今年は気候変動climate changeとのこと。ブログを持っている人は、Blog Action Dayのホームページから登録することができる。

http://www.blogactionday.org/

現時点で登録、つまりあさってに気候変動についての記事を書く意思を示している人は131カ国の6,388人。私も登録したので、あさっては久しぶりに何か環境のことを書こうと思うpencil
試験前なのであまりたくさん書けませんが。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-10-08

滞在許可の更新@ズヴォレ

オランダの大学等に通う留学生の滞在許可(residence permit)は通常1年ごとに更新することになっている。私の場合、2年目は別のプログラムに参加しているため、厳密には「更新」ではなく「滞在目的の変更」となる。

大学の国際オフィスを経由して変更申請を行ってから2ヶ月近くが経ち、ようやく新しい滞在許可証ができたとの連絡があったので、移民局INDまで取りに行くことになった。ちなみに、古い滞在許可は最初の大学院が終わる8月末が有効期限だったので、9月はパスポートが唯一有効な身分証明であった。滞在許可証がなかなか発行されないというのはオランダではよくある話らしい。

INDは、全国9ヶ所に地域事務所があるので、指定された(おそらく最寄りの)事務所に出向くことになる。で、事務所の所在地はズヴォレZwolle。図の1番のところである。残りの8事務所はすべてアムステルダムより南に固まっている。

Indloketten

フローニンゲンは全国で8番目(人口)の都市なのに、わざわざ電車で1時間も南下してZwolleまで行かないといけないので、北国にはあまり親切でない分布である。まあ、北東のフローニンゲンと北西のレーワルデンからの電車がズヴォレで合流することを考えると仕方がないのかもしれないが。

そんなわけで、ズヴォレのINDへ。駅から15分くらい歩くが、標識が頻繁にあるので迷うことはない。10人くらい待っていたが、30分も待たずに古い許可証と引き換えに来年8月までの新しい滞在許可証をもらった。

せっかく来たので、授業に遅刻しないように急ぎ足でズヴォレを散策。町の中心部は、運河に囲まれた星型の要塞の中にある。当たり前だが、要塞の近くに来てしまうと、その全景を見ることができないので、本当に星の形をしているのかはよく分からない。

Zwolle1

写真を撮ってもいまいち。。そんなときは、Google mapで見る方が分かりやすいようだ。

View Larger Map

町の中心にはGrote markt(大市場)があり、そこに聖ミハエル教会Sint Michaëlskerk(別名:大教会Grote kerk)がある。正面左側の青い旗は観光案内所VVVになっている。

Zwolle2

月曜日の午前中は店も教会もVVVも休みだったので、静かな町の中を歩き回って、フローニンゲンに戻る電車に飛び乗り、統計の授業に参加したのでした。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »