« 日本人街+フランス競馬 | トップページ | オランダがオレンジに染まった日 »

2009-04-27

ヴェリブを使ってみた。

この前パリのレンタサイクルシステムである、ヴェリブVélib'の紹介記事を書いたが、先週1週間使ってみたのでその感想。

月曜日の朝に、家から一番近いステーションに行って、1週間分の登録料5ユーロを端末・ボルヌBorneでクレジットカード決済。この端末はフランス語、英語、スペイン語の3ヶ国語対応。タッチパネルではなく、下のテンキーで操作するのだが、入力した情報はカラーディスプレイではなく、テンキーのすぐ上の部分に表示されるので少し分かりにくい。

Velib3

公共交通機関のICカード・Navigoを持っていると、それに情報を書き込んでくれるので、以後はボルヌまで行かずに自転車をロックしている個別の端末にカードをかざすだけでよい。緑のランプの自転車は使えるが、赤いランプの場合は使用不可。

Velib4

自転車は頑丈にできていて、あまりスマートではないが、動き出すと自動的に前後のライトが点灯したり、3段階のギアがついていたりと、機能としてはまずまず。かごにワイヤの鍵が付いているので、買い物するときも大丈夫。ただし、30分以内に返さないと追加料金なので、パン屋でバケットを買うときに使っただけ。

Velib5

鍵穴の部分は、ステーションに自転車をロックすると隠れるようになっているので、いたずらされないようになっている。乗っているときはかごに巻きつけておけば引ったくり防止になる。

月曜日から金曜日までは、通勤の行き帰りに使用。家の前のステーションはいつも十分自転車があるが、問題は帰りである。月曜日の夕方にオフィスの一番近くのステーションに行くと、3台ほど残っていたが、いずれも赤ランプ。

Velib6

1台は後輪のタイヤが外れている。残りは空っぽでなんともさみしいthink

Velib7

ボルヌで近くのステーションの空き状況を見ると、最も近いステーションも0台なので、10分近く歩いて別のステーションで借りることになった。

5日のうち3日は別のステーションまで歩き、もう1日はメトロの駅近くから借りようと思ったが空いていなかったので断念してメトロで帰宅。結局、一番近くのステーションで借りられたのは1回だけ。

緑ランプであっても問題のある自転車をつかんでしまうことがある。多いのはギアがうまくかまない自転車。軽いギアでがんばってこがないといけない。パンクも多いが、これは乗る前に確認すればよい。そのほか、プラスチックのカバー、スタンド、かごなどが壊れているのはよくある話。一番ひどかったのは、土曜日に見かけたこの自転車。

Velib8

ひどすぎるshock これでは返却することもできない。これはあまりにひどいが、それにしても、故障車両が多過ぎる。普通に自転車に乗っていて、こんな簡単に壊れるとは思えないし、オランダ人が見ても驚くだろう。不特定多数の人が利用することを想定して、この自転車は頑丈にできているはずなのだが。Youtubeを見るとこういう使い方をしている人がいるので、そりゃ壊れるだろうと納得。

土曜日は市内に遊びに行ったので、4~5回乗り継ぐ。ステーションは意外と目立たないため、20分を過ぎたころから周りを気にしながら運転するはめになる。天気が悪かったこともあったのか、自転車不足にはなっていなかった。日曜日はジョギングコースに行くために、家から公園の往復に使用したが、この日は全く問題なかった。

この1週間を通じて感じたのは、とにかく必要なときに無いのが困るということ。管理会社が巡回してバランスよく配置しているとのことだが、夕方の自転車不足は毎日同じ状態なので、何とかしてほしいと思う。幸い、逆にあふれて止められないということはなかった。

そして、一番の問題は、パリの道路が自転車フレンドリーでないこと。オランダのように、自動車道と自転車専用道が隔てられているところはまだ少ない。

Velib9

ここはブーローニュの森の中。そのほか、サイクリングコースとなっているところは市内でも専用道が整備されている。そうでない場合は、車道の端が自転車レーン(バスと共用の場合もある)となっていることがある。しかし、ここは駐車天国なので、車道の端は有料駐車場Payantがびっしり埋まっており、自転車道をふさいで空きが出るのを待っている車もある。有料と言っても週末の夜は無料になるところもあるらしく、またお金を払わない違法駐車も多いらしい。

Velib10

さらに自転車道がないと悲惨である。自動車に混じって自転車を運転するのはかなり危険である。おそらく自動車のドライバーも邪魔だと思っているはずで、交通事故も多いのではないか。大通りのラウンドアバウトでは石畳になっているところが結構あり、自転車で通過するのは一苦労である。

ヴェリブが普及した次は、交通安全対策として自転車が安全に通行できるインフラ整備が課題である。

|

« 日本人街+フランス競馬 | トップページ | オランダがオレンジに染まった日 »

パリ」カテゴリの記事

日常生活」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080278/29316951

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェリブを使ってみた。:

« 日本人街+フランス競馬 | トップページ | オランダがオレンジに染まった日 »