« コンセルトヘボウの無料コンサート | トップページ | アムステルダムの焼却施設見学 »

2009-02-11

Groningenに行ってきました。

この夏からの大学院の出願を進めていたところ、Groningen大学から合格通知が来た。そのため、他の志望順位の低い大学院は出願を取りやめることに。後は、出願済みのLeiden大学の結果待ち。

Groningenは、英語読みをすると「グローニンゲン」という人間の一種のようだが、オランダ語読みでは「フローニンヘン」が近いはず。このフローニンヘンは、オランダの一番北のフローニンヘン州にあり、アムステルダムから電車で3時間近くで、50kmほど東に行くとドイツとの国境がある。

今日は、フローニンヘン大学の説明会があったので、小旅行に出かけることにしたtrain 午前中に大学院のエクスカーションで焼却施設の見学があったのだが、そこから急いでフローニンヘンに向かうも着いたのは16時前。15時からの説明会は既に終わっている時間。しかも、アムステルダムは雪も雨も降っていなかったのに、ここに着いたら冷たい雪snow

Groningen_station
ここフローニンヘンも駅舎が立派。

説明会はオランダ語だったので、まあ仕方ないということで、気を取り直して駅前のフローニンヘル美術館Groninger Museumに行く。ここはMuseumkaartを持っていても2ユーロの入場料が必要(一般料金は10ユーロ)。1時間歩き回ったけれど、どうも物足りないと思ったら、隣の建物も同じ美術館だったらしい。全く違う建物なので分からなかった。。

Groningen_museum
この美術館は建物も見どころ。

説明会以外の時間は個別相談会をやっていたので、のんびり歩いて大学のメインの建物Academiegebouwに行く。オランダの大学は、キャンパスを持たずに街中に建物が点在していることが多く、ここフローニンヘン大学も同様。

今日はオランダ人学生向けということで、当然ながら資料も会話もすべてオランダ語という完全にアウェーの中、出願でやり取りをしていたアドバイザーに会う。私がアムステルダムからはるばるやってきたのに感動したのか、異常なまでに親切に説明してくれた。特に、ライデン大学と迷っているという話をすると、この町もこの大学も素晴らしいと熱心にPRしてくる。

Groningen_martinikerk会場の建物まで案内してくれた後、「今日はもう暗くなってしまったので学部の建物は見られないけど、近くの芸術学部の建物がきれいだから見て帰ってね。」と言われたので、そこを通って中心街を散策する。

写真はこの町のランドマークのマルティニ教会。天気のいい日に鐘楼を登ってみたい。

そして帰りはまた3時間の長旅。おかげで論文をじっくり読むことができた。

|

« コンセルトヘボウの無料コンサート | トップページ | アムステルダムの焼却施設見学 »

大学」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

合格おめでとうございます!
今、授業のグループワークでアイントホーヘン(で発音いいんでしょうか?)から来たオランダ人と組んでるんですが、身長が2メートル近くあります。オランダ恐るべしと思いました。

投稿: knj | 2009-02-15 20:29

>knjさん、
ありがとうございます。
そうです、アイントホーヘン。行ったことないですが、工科大学があります。そして、格安航空会社のライアンエアーの就航する空港もありますね。

投稿: jiro | 2009-02-17 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080278/28010057

この記事へのトラックバック一覧です: Groningenに行ってきました。:

« コンセルトヘボウの無料コンサート | トップページ | アムステルダムの焼却施設見学 »