« ボート場がスケートリンクに! | トップページ | Oasisがアムステルダムやってきた。 »

2009-01-17

ようやく美術館めぐり開始。

木曜日、オランダ人のクラスメイトの誕生日会があったbirthday オランダではみんなに祝ってもらうために本人が主催する。週末には地元の友達を家に呼んでホームパーティをやるようだが、この日はクラスメイトをカフェ(パブ)に集めてみんなで飲むという企画。オランダでホームパーティをやると主役は料理の準備と皿洗いでずっと忙しいのだとか。

プレゼントを準備する時間が無かったので手ぶらで行ってみると、お店の前で主役と合流。日本と違って予約はしていないので、テーブルは1つしか確保できていないのに、20人近くが続々とやってきて、狭い店に小さな輪を作って立ったままビールを飲む。キッチンは閉まっていて、ビールしか飲まないので、せいぜい10ユーロで済むbeer それにしても、飲み会の英語を聞き取るのが相変わらず一番辛い。

この日、何人かのクラスメイトによくやったとお褒めの言葉を頂く。何かというと、年末のグループ・プロジェクトの成績が出て、うちのグループは9.0(おそらく最高点)をもらったからであるshine 成績は各グループに通知されて、グループ内では皆「信じられない」と狂喜乱舞していたのだが、どうやらもう知れ渡っていたらしい。最初の週には指導教官から、「無理そうだと思ったらテーマを変えてもいいよ」と言われるくらい問題山積のテーマだったのだが、最終的には何とかまとまったところを評価してもらえたようだ。しっかり精査すればジャーナルに投稿できる可能性もある、とまで書いてもらったが、適当にまとめたところがたくさんあるのでそのレベルに持っていくには相当大変である。ということで、修論のテーマとすることは遠慮するつもり。

土曜日はクラスメイトとMuseumplainに作られているスケートリンクに行く。貸し靴は5ユーロだが、入場は無料。実はゴッホ美術館Van Gogh Museum(日本語もあり)で日曜日まで特別展をやっているというポスターを見たので、スケートが終わった後に、すぐ近くのゴッホ美術館へ。

Museumkaart昨年11月のmuseumnacht以来、美術館に行っていなかったのだが、ようやく意を決して美術館カードmuseumkaartを購入。1年間のフリーパスで39.95ユーロ(約5,000円)。大きい美術館ならその場で購入できる。例えば、ゴッホ美術館は12.5ユーロなので、4つくらい回れば元が取れる。

ゴッホが画家として活動したのはわずか10年程度だったということすら初めて知った私が美術館について細かくコメントする立場にはないが、自画像、肖像画、風景画、そして浮世絵の模写など、ゴッホの作品がずらりと並んでいる。基本的に年代を追って展示されているので、10年の間に移り住んだ土地や、周りの環境、彼の精神状態などが作品に反映されているのが分かるようになっている。

特別展では、レンブラント協会の125周年展をやっていて、普段はすぐ近くの国立美術館Rijkmuseumに展示されている、フェルメールの「恋文」The Love Letterも来ていた。

|

« ボート場がスケートリンクに! | トップページ | Oasisがアムステルダムやってきた。 »

大学」カテゴリの記事

日常生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080278/27246106

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく美術館めぐり開始。:

« ボート場がスケートリンクに! | トップページ | Oasisがアムステルダムやってきた。 »