« 冬のオーストリア・スイス・ドイツ旅行 | トップページ | ウィーンに行ってきました。 »

2009-01-01

謹賀新年Een gelukking nieuwjaar!

明けましておめでとうございます。

風邪は治りそうな感じだったので、大晦日はダム広場Damのカウントダウンイベントに参加。早く行っても寒いだけなので直前に行こうと思ったのだが、何とこの日は20時ごろに公共交通機関がストップする。トラムはアムステルダムの中心(広場の中など)を通るのだが、どこも人だらけなので危険ということだろう。ちなみに、最終トラムに乗り遅れてしまったので、オランダに来て初めてタクシーに乗って市内中心部で行くことに。

王宮の前にステージが設置されて、22:30からイベント開始。20代くらいの若者が多いが、とにかくものすごい人の数である。

Nieuwjaar09

驚いたのは観光客の多さ。Amsterdamと書かれたニット帽をかぶっている人がたくさんいた。ほとんどが白人で、アジア人は観光客ではなく中国系の移民や学生が多い印象。寒いし、一日中どんよりしているこの時期にオランダに遊びに来る理由がさっぱり分からない。旅行者が多いということもあり、イベントの半分くらいは英語が使われているのでありがたい。

人だらけの中、みんなビールやシャンパンを飲んだり、タバコを吸ったりして屋外クラブ状態である。それにしても、タバコじゃない臭いもそこら中から漂ってくるsmoking 遊びに来る「理由」はそれなのかもしれないが。

以前のエントリーにも少し書いたが、念のため外務省の渡航情報「オランダにおける麻薬取締り強化について」から抜粋。

 オランダにおいては、ヘロインやコカイン等のいわゆるハードドラッグはもとより、大麻を含むソフトドラッグの販売及び所持(個人消費目的を含む)についても違法です。
 「オランダ国内では麻薬が許容されている。」という誤った認識でソフトドラッグに手を出し、その結果トラブルに巻き込まれる外国人旅行者が少なくなく、過去には、日本人の旅行者がソフトドラッグを使用し、意識不明に陥って警察に保護される事案も発生しています。

法律上は禁止されていますdanger

12月中旬くらいから、家の近くで打上げ花火のような爆発音が聞こえていたが、大晦日の夜はそこら中で打上げ花火、ロケット花火、爆竹がものすごい。カウントダウンが終わって年が明けると、打上げ花火が一斉に上がり、周りにいる人たちとhappy new year!と言い合う。1時を過ぎても、爆竹があちこちで聞こえる。1:30から無料の夜行バスが運行を開始するので、それまでビールやホットワインを飲んで休憩し、夜行バスに乗って帰宅。

さて、今年の抱負。現在のプログラムの修論や、次のプログラムの出願はもちろんしっかりやらないといけないのだが、目先の勉強を中心に。

○講義の予習・復習を怠らない。中学生みたいな目標だが、昨年の途中から忙しくなって、予習ができずに講義に臨んでもさほど支障がなかったため、さぼってしまった。そのためリーディングが相変わらず遅い。次のプログラムに応募するために年末にIELTSを再度受けたのだが、スコアは(自分の中では)飛躍的に上がっていたもののリーディングが時間内に終わらなかったことがショックだった。。

○オランダ語の上達。これも要は予習・復習なのだが、授業について行けていないので、まずはこの冬休みの間に取り戻す。大学院は英語だし、あまり高等なオランダ語は使う機会がないので、日常生活に使えるようにする。

○マラソン!膝痛でしばらく完全休養していたが、「一年の計は元旦にあり」ということで、久しぶりに走った。気温はほぼゼロ度だったが走っているうちに心地良くなる。痛みはほとんどなかったので、少しずつ再開する。フルマラソン完走dash と行きたいところだが、オランダにいる間には達成したい。

○ネットワークを広げる。日本人・日系団体で面白そうなことをやっている人たちと仲良くなることも重要だが、オランダ人やその他の外国人とのコミュニケーションを積極的に進める。英語のリスニング・スピーキングの練習のためにも。

ということで、今年もどうぞよろしくお願いいたいますhappy01

|

« 冬のオーストリア・スイス・ドイツ旅行 | トップページ | ウィーンに行ってきました。 »

日常生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080278/26729470

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年Een gelukking nieuwjaar!:

« 冬のオーストリア・スイス・ドイツ旅行 | トップページ | ウィーンに行ってきました。 »