« バースの豚、丸の内の牛。 | トップページ | 最初の試験の結果発表! »

2008-10-15

アル・ゴアがオランダにやってきた。

14日、スキポール空港の南にあるAalsmeerで講演をするために、元アメリカ副大統領で昨年のノーベル平和賞を受賞したアル・ゴア氏がやってきた。

Algore1

日本に来たときもそうだったが、参加費がとにかく高い。なんと400ユーロ(6万円)impact

主催者Urgendaのページ → http://www.urgenda.nl/?news&id=37 (オランダ語)

もちろん、そんな大金を払ったわけではなく、学生同士でディスカッションをして、アル・ゴアへの質問事項を考えようというイベントが開催されていて、学生の参加費は15ユーロと良心的だったのでクラスメートと参加してみた。ディスカッションはオランダ各地の大学生を中心に200名限定で、更に講演を聴くだけの学生が数百名。アフリカやアジアの留学生も結構多かったが、日本人は見当たらなかった。

当初の予定は、アル・ゴアが講演前に学生会場にやってきて、学生が選んだ3つの質問に対して回答するということだったのだが、主催者から来れなくなったとの知らせが!

学生代表がメイン会場入りして、講演後に質問をするということになったので、他の学生からは大ブーイング。「AL, YOU FORGOT THE FUTURE: US (YOUTH)」(アル、あなたは「未来」(=私たち若者)を忘れている!)という抗議幕を作って、マスコミや実行委員会にアピールするも、結局アル・ゴアに会うことはできなかった。

Algore2

ということで、15ユーロ払って映像を見入る学生たち。学生会場はクラブのような作りで照明も派手(スクリーン見にくい)。みんなビール片手に聴いているし、抗議行動は騒がしいので全然集中できない。話の内容は、アメリカ発の金融危機に始まり、CCS(二酸化炭素を回収し地下に貯留する技術)や土地利用など、大体言っていることは分かるけど、やはりスライドやレジュメ無しではまだ少しついていくのがしんどい(+眠かった)。「不都合な真実」以上のメッセージは残念ながら私には伝わってこなかった。

メインのスクリーン以外に、会場のいたるところにモニターがたくさん用意されている。

Algore3

バックのロゴはハイネケンbeer

メイン会場でのイベントが大体終わった22時からは、なぜかパーティーになって、ビールなどが飲み放題に。よく分からないけど、せっかく来たのでみんなで乾杯する。その後、送迎バスと電車を乗り継いで帰路に着く。

Amsterdam Zuid駅からは自転車だったのだが、小雨が降っていたのでとにかく急いでいると、家の直前で警察に止められる。そこで、無灯火運転だったと気づく。一緒にいたオランダ人も油断していたようだが、どうやらここでは厳しく取り締まられるらしい。

Politie すみませんじゃすまなくて、身分証を確認したり、何で無灯火だったのか聞かれたりした後、黄色の紙を渡されて解放される。オランダ人によると、後日請求書が来るのだそうだ。20ユーロ位だそうですweep

日が暮れるのが早くなるので、これからはきちんと灯火しようと思いますflair

|

« バースの豚、丸の内の牛。 | トップページ | 最初の試験の結果発表! »

日常生活」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

€400ですか~~!けっこうなお値段ですね・・・。

アル・ゴア氏の映画を観た時には改めて自分も何かできることからしなきゃ!と思いましたが・・今回の学生への対応はちょっと残念ですねsad

投稿: tulp | 2008-10-17 09:42

>tulpさん
そうなんです。ただし、決めたのはゴア氏なのか、運営側なのかは分かりません。
ずっと抗議活動をしていて講演を聴いていない学生もいましたが、彼らはそれで多少は満足したかもしれませんcoldsweats01

投稿: jiro | 2008-10-19 01:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080278/24533754

この記事へのトラックバック一覧です: アル・ゴアがオランダにやってきた。:

« バースの豚、丸の内の牛。 | トップページ | 最初の試験の結果発表! »