« Master Programme is going to start! | トップページ | The Book Depositoryで本を買ってみた。 »

2008-09-02

大学院のプログラム構成

大学院のプログラムが始まりました。どんな感じなのかをざっと紹介します。

私のプログラムでは、曜日ごとに科目が異なるのではなく、一定期間同一のテーマのコース(course module)が続きます。最初のコースは、3週間の講義の後、エッセイの作成、そのプレゼンテーション、筆記試験(持込可)と続きます。

さらに、プログラムを通じてPortfolioというコースがあり、最初にPersonal Development Plan(PDP)なるものを作成し、このプログラムでの各個人の達成目標を明確にします。また、プレゼンテーションやエッセイ等について、他の学生からの評価feedbackを受けることになっています。そして、最後には、Self Reflection Reportを作成して自己評価を行う、という教育システムが用意されています。

このコースは1日1コマで余裕があると思いきや、PDPの作成やエッセイの準備をしないといけないので実は最初から大変なのかもしれません。

さて、最初のコースが2日終わりました。講師の書いた論文などを収めたコース全体の教材を事前に購入しており、該当部分をざっと見てから講義に臨みます。予習が必要な場合はあらかじめ通告されますが、私の場合は英語を理解しながら講義の内容についていく必要があるので、ある程度目を通しておかないとついていけません。

講義は通常パワーポイントで行われ、資料は講義後にオンラインの掲示板にアップロードされます。2時間程度の場合、途中で10分程度のコーヒーブレイクが入ります。あくまで講義なので、教授のペースで進みますが、基本的に質問は随時認められています。ただし、時間が限られているので挙手をしてもスルーされることもあります。

初日の講義は、正直あまり興味がわきませんでした。そして、教授がちょっと怖かったですthunder遅れてきた学生に「その態度は気に入らない」(まあ当たり前ですが)とか、質問に対して「君の質問にはがっかりした」とか。その上、肝心なところが良く聞き取れなかったので、かなり先行きが不安な一日でした。

2日目の今日は、知っている教授の講義でした。とても雰囲気の良い方で、内容も面白く、話も分かりやすかったので少しほっとしました。講義の後、オランダ人のクラスメートに「昨日よりもかなり面白かったよね。」と言われて、あーやっぱりそうなのかと思ったら、彼は学部(Political Science)時代にその教授が指導教官だったとのことでした。教授のバックグラウンドが、初日は生物学、2日目は国際法ということで、社会科学系の学生には後者の方がなじみやすいのかもしれません(私は理工系ですが)。

明日はまた初日の教授です。遅刻しないようにしないとsweat01

Cruquius今日の写真は、先週のIntroduction Programmeのエクスカーションで訪れたCruquisという巨大な蒸気ポンプ(現在は博物館)です。150年以上前、これを含む3つのポンプで巨大な湖を3年がかりで揚水するという干拓事業に用いられていました。オランダの代名詞である風車も揚水目的でしたが、このポンプは1ストローク当たり64,000リットルという膨大な量の水を吸い上げていたとのことです。「世界は神が作ったが、オランダはオランダ人が作った。」という言葉がありますが、正にそれを実感させる迫力がありました。

|

« Master Programme is going to start! | トップページ | The Book Depositoryで本を買ってみた。 »

大学」カテゴリの記事

コメント

too complicated for me! haven't talked with you on the internet for a long time!

投稿: Caroline | 2008-09-04 00:58

sorry Caroline. i think it's difficult for you to understand. writing in English is hard work for me..

投稿: jiro | 2008-09-04 19:11

yeah, of course, it's ok, don't worry about it! anyway, I can understand the main topic and the overall content!scissorseye

投稿: Caroline | 2008-09-05 01:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080278/23452533

この記事へのトラックバック一覧です: 大学院のプログラム構成:

« Master Programme is going to start! | トップページ | The Book Depositoryで本を買ってみた。 »