2010-06-26

ワールドカップ応援グッズ

オランダと日本が決勝トーナメント進出を決めたが、我が家にはテレビがないし、旅行が続いていたので個人的にはあまり盛り上がらず。

オランダのワールドカップ熱は相当なもので、町中どこもオレンジ色になっている気がする。

たとえば、我が家の学生寮。主に留学生向けのアパートのはずなのにオレンジとライオンの旗が部屋をまたいで延々と掛けられている。

Vlaggen

こちらは、レーワルデンのカフェ。普段はスポーツカフェではないのだが、完全にワールドカップ仕様になっている。

Wkcafe

今回紹介するのは、オランダのスーパーなどで売っている、ハイネケンの応援パック。

Pletterpet1

€10ちょっとで買えるこの箱の中身はこんな感じ。プラスチックのヘルメットとブブセラ、そしてハイネケンの6パック。

Pletterpet2

南アフリカでは、マカラバmakaraba(マカラパmakarapa)という装飾したヘルメットをかぶってスポーツ(特にサッカー)を応援するらしく、このグッズもそれを模したもので、pletterpet(アフリカーンスでヘルメットという意味)と呼んでいる。

Pletterpet3

組み立て後。このpletterpetは、ブブセラをヘルメットに搭載することができて、吹くと頭の上のライオンの口からあの騒音が出てくる仕組みになっている。

このヘルメットに限らず、町中でブブセラを鳴らしている若者がよくいるが、周りは(私も)かなり迷惑そう。    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010-06-16

ようやく修論提出!

先週の話ですが、提出しました。

とにかく、最後の2週間くらいはしんどかった。。開館から閉館まで大学図書館にこもる日々からついに解放。指導教官から内容について了解をもらったのだが、ついでにゼミで発表したらどうかと金曜日に言われ、そのゼミは翌火曜日。

ありがたい機会なので、もちろん発表させてもらうことにする。日曜日はマラソンだったので、月曜日に修論の最終チェックをしながら、プレゼン資料作成。ゼミは指導教官とPhDの学生が10名弱。毎週やっているらしいが、ネタ切れだったので呼んでもらえた模様。インフォーマルだったので、和やかな雰囲気だったし、アドバイスをもらうこともできた。

ゼミ後に指導教官と細かい点を確認するためのミーティング。廊下で会ったSecond assessor(副査)が、今日中に読みたいので最終版でなくてもよいからとりあえず提出してほしいとのこと。取り急ぎの部分だけ修正作業をしていると、ネイティブチェックが戻ってきたので、それも反映して、暫定版を提出。一段落してから、統計を見直したり、細かい修正をしたりして、最終版を大学に提出。

事前に計画した予定どおりに終わらせることができたのだが、計画そのものが既にギリギリの日程だったので、間に合わせないわけにはいかなかった。

残すは、指導教官から評価結果をもらって、最後に修了証書にサインするだけ。その合間にオランダでやり残したことを終わらせないと。

新ニシンが並んでいた。市場に行く機会が無かったのだが、スーパーの店頭でさばいていたので、買ってみる。やはりパンにはさんで食べないとちょっと生臭い。

Nieuweharing

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010-06-07

レーワルデンマラソン

ロッテルダムに続き、2回目のマラソンはフローニンゲンの西にあるレーワルデン。

ここ2週間程度はとにかく修論漬けで、その合間に夜はジョグという生活。土曜日中にネイティブチェックに出したかったので、夜中の1時に終わらせて、ベッドに滑り込む。

この日のためにGPS搭載の腕時計Garminを買ったのだが、当日の朝に持って行こうとしたら、フリーズしていた。時間もないので、とりあえず持っていくことに。

数日前の天気予報では25度近くになると言われていたが、おそらく20度程度だったので、日差しは強かったが、そこまで悪くはなかった。(もちろん、暑いことは暑い。)

毎度の週末工事のために、少し前の駅で電車を降りて代替バスでLeeuwarden駅に行き、そこから会場まで歩く。ゼッケンを引き取ったり、更衣所(地下駐車場)を探したりしているうちに、スタートの時間が近づく。Garminはほぼ諦めていたのだが、最後に2つのボタンを長押ししたらリセットされて、無事使えるようになった。

Leeuwardenmarathon1

前回の初マラソンが3:55台だったので、今回は3:40-3:45を目標タイムに設定。序盤はキロ5分~5分10秒のペースで順調に飛ばす。エイドが3kmごと(or 5kmに2回)くらいにあったのがとても助かったし、沿道の応援もとても暖かかった。

コースはハーフを2周することになっていて、1周目は1:47台と理想的。2周目に入るときに誘導ミスに遭ってしまい、応援や10kmランのランナーたちに埋もれる。。

このペースではバテることは分かっていたのだが、30kmの手前くらいまでは何とか持ちこたえる。その後は、ロッテルダム同様にずるずるとペースが落ちて、最後の5kmくらいは本当に辛かった。結局、タイムは3:42台だったので、とりあえずは目標達成shine

ゴール直後に座ったら動く気力が無くなってしまう。そのまま救護所へ連れて行かれて、ベッドの上で酸素をもらいながらしばらく休憩。大したことはないと思っていたのだが、その後も酸欠なのか、まともに歩くこともしんどかったので、水分を補給しながら芝生でぐったり。

何とか回復して、応援に来てくださった方にもぎりぎり挨拶ができた。その後、友達の友達の実家(会場のすぐ近く)での食事会に呼んでもらっていたので、シャワーもお借りして、食事もごちそうになり、Groningenまで車で送ってもらった。すごくきれいで立派な家だったし、子供もかわいかった。

お腹いっぱいごちそうになったはずなのに、帰ったら自然とご飯を作り出していた。。やはり2,500kcal以上も一度に消費してしまうと、一回の食事だけではお腹が空いてしまうのだろうか。

次の目標は3:30になるわけだが、キロ5分で42kmは今の実力では無理なので、日本に帰ってからもジョグを続けていかないと。

Leeuwardenmarathon2

ピサの斜塔よりも傾いている、De Oldenhoveという塔。教会として建設されたらしいが地盤沈下のために途中で断念したらしい。結局、Leeuwardenは全く観光せず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-05-29

Garmin買っちゃいました。

オランダに来て一番高い買い物をした。

Garmin1

Garminです。ぱっと見たところはただのデジタル腕時計だが、ジョガー向けの超高性能時計。ユーロ安だったし(と言っても、私の口座のユーロはもっと価値が高かった。。)、来週末にはLeeuwardenでマラソンかハーフに出るつもりだったので、ここでGarminを買ってフルマラソンに出る決意をする。インターネットで大体最安値の€230で購入。

ちなみに、そのオンラインショップは、22時までに注文すると翌日に届くことになっている。22時直前に決済をしたところ、数十分後には配送に出したとメールが来る。翌日は大学で修論を書いていだのだが、気になってTNT(郵便局)の追跡サービスを見ると、14時くらいには既に1回目の配達が来ていた。帰宅後、不在票にあったドライバーの携帯に電話してその日のうちに再配達してもらう。狭いオランダでは、北の端にあるGroningenでも普通の宅急便が即日で届いてしまう。

Garmin2

充電しながら最低限の情報を勉強して、早速ジョグへ。嬉しくて1人ハーフマラソンをしてしまった。

私はまだ全然使いこなせていないのだが、最大の特徴はGPSを搭載していること。これにより、リアルタイムでペースや走行距離が表示されるのはもちろん、パソコンに情報を送ると、ラップタイムや高低差に加え、Googlemap上に走行コースが表示される。これはすごい!途中で迷っても距離の計算に困ることはなくなった。ちなみに、以前はGooglemap上で自分で線を引いて距離を測っていた。
http://www.afstandmeten.nl/

パソコンに「接続する」のではく、「情報を送る」としたのは、無線通信のため。写真右のUSBメモリのような物をパソコンに挿した状態でGarminを3m以内に近づけると自動的にデータをパソコンに転送してくれる。

これだけ立派な機能があれば、当分楽しんでジョグができそうだ。 購入して以来、いつもより頻度も距離も増やしていて、1日おきに5回で計100kmも走ってしまった。ちょっと無理しすぎな気もするが、来週はもう調整になってしまうので、怪我に気をつけながら調子を上げていきたい。

残念な点は2つ。GPSがついていてもナビにはならない。だから、相変わらず迷う。

もう1つは、時計としては2週間、GPSをオンにしていると8時間しか持たない。まあ、普段から時計として着けることはないが、今日は充電を忘れてしまい、家の100mほど前で電池が切れてしまった。充電には気をつけないと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010-05-28

白アスパラガスは天ぷらで!

もうすぐ5月も終わり。市場が開いていると、どうしても気になるのが白アスパラガス。もうお腹いっぱい食べるチャンスはほとんどない思うと毎週のように買ってしまう。

ということで、今回は天ぷらに挑戦。

Tempura1

見た目はねぎみたいですが、白アスパラガスです。。失敗するのが嫌だったので、もったいないけどざくざくと切ってみた。

小麦粉と卵で衣を作って揚げただけなのだが、これが驚くほどおいしい!アスパラガスそのものの味を楽しめるので、何も付けずに食べるのがお勧め。もちろん、物足りなければ塩とか胡椒を振ればよい。

揚げる時間は適当だったのに、不思議なことに全く失敗しなかった。温度が高すぎなければ、大体揚がったと思ったところで調理終了。

せっかく揚げ物をしたので、他の野菜も天ぷらにしてみる。

Tempura2

今日は、朝から修論について教授とディスカッション。その後は学部内のパソコンルームでディスカッションの結果を反映しつつ、書き進める。

市場が閉まる前に、気分転換のためにVismarktの市場へ行き、また白アスパラガスを買う。他にも野菜や果物を買い込んで、大学の中央図書館へ移動して作業再開。久しぶりに指の付け根が腱鞘炎みたいになる。。

ちなみに、中央図書館では、かばんやコートの持込みが禁止されているので、荷物はロッカーに入れて、持ち込みたい書類やノートパソコン、水だけをかごに入れて入場する。(一方で、学部の図書館は荷物持込可となっている。)

ロッカーは、100台に1個くらい設置されている端末にロッカー番号と暗証番号を入力することによりロックされる仕組みになっているのだが、レシートは無い。つまり、自分でロッカー番号を覚えておかないと、数百台から探す羽目になる。そのために、携帯電話に数字を入れるようにしていたのだが、数回、うっかり忘れてしまったことがある。まあ、それも何とか記憶をたどって、大体の場所を思い出していた。

そのロッカーがついに改善されたshine といっても、すごい機能が付いた訳ではなく、ロッカーとかごを1対1で対応させるというもの。つまり、かごにロッカー番号と同じ番号が付いているので、かごを持ち込めばロッカー番号を忘れることはない。

Locker

かごを使わない学生もいるし、元の場所に戻さない学生もいるので、かごが転がっていることもあるのだが、以前のようにそこら中に散乱するようなことはなくなった。

ただし、かごを館内に置いたままロッカーに物を取りに行くと、番号を控えていないので開けられないという罠coldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«学長のオンとオフ